無添加のドッグフードは愛犬を心身ともに健康にする

現在、私はNDFナチュラルドッグフードを利用しています。
100%無添加で安心です。
ほとんどのドッグフードが添加物、酸化防止剤を含んでいて、
いわゆるケミカルです。
着色料が含まれている物はとくに悪いです。

近年、動物もアレルギーやガンになる事が増えています。
自分が、アレルギーになった事がきっかけなのですが、
あることからアレルギーはケミカルが原因である事を知り、
食生活を変えたところ、完治しました。

ある方の指導で、食生活に気をつけるようになりました。
そこで考えたのが、犬や猫も同様だろうという事です。
当然ですね。

ガンやアレルギーになった犬や猫などを独自に調査したら、
ほとんどが安い添加物を使用したドッグフードなどを
与えられていたんです。

これはやはり間違いないと思い、以後、無添加の物を探して
与えるようになりました。
おかげで体調面だけでなく、精神的にも安定している様子が
うかがえます。
添加物は体だけでなく心にも影響があるんですね。

NDFナチュラルドッグフードにはハーブも含まれていて、
いろんな効果が期待できますし、お勧めです。
その他にも良い品はあるようなので、できれば価格が安くて
無添加だとよりいいです。

最近は、無添加ドッグフード安心という商品を試してみましたが、
こちらもかなりいい感じです。
ハッキリ言えることは、ドッグフードなど動物に与える物を
金銭面でけちると、あとで大きな痛手となって帰ってくるという事です。

少しの金額をけちったばかりに、かわいいペットは病気になり、
動物病院でとんでもない出費をした挙句、亡くなってしまったら
あなたにとって精神的にも大きな負担でしょう?
転ばぬ先の杖、全くその通りです。
ペットが本当に好きならもっとケアしてくださいね。

以上、私の体験談でした。

信頼出来るドッグフードの利用で腎臓の数値が安定

ドッグフードはROYAL CANINの腎臓サポートを利用しています。

現在12歳のヨークシャーテリアですが、子犬のころから皮膚の
アレルギー持ちでした。太りやすい体質のようだったので、
基本的にはドックフード以外の食べ物は与えないようにしてきました。

1年程前に、アレルギーの関係で行った血液検査で腎臓の数値が
あまりよくないことが分かりました。
まだ薬を使うほどではないので、食事療法で様子をみようということになり、病院のほうから何種類かのサンプルをもらってきました。

順番に試してみると、味はもちろん、粒の大きさや固さなどの関係も
あるのか、食いつきの良いものと、悪いものがあり、
一番よく食べてくれたのがこちらの商品でした。

内容も調べましたが、複数の抗酸化物質を含み、リンの含有量を
制限、腎臓病に伴う尿毒症やタンパク尿に配慮しているということ、
また病気の犬の食欲低下を防ぐために香りで食欲を刺激してくれるとのことで、病院でも勧めてもらい、信頼できました。

ただ食事の量も制限して与えるため、どうしてもフードだけでは
もの足りないようで、吠えて催促する姿がなんだかかわいそうでした。便通も少し悪くなり、出ない日もありました。

そのため先生に相談の上、キャベツを刻んで茹でたものを
おやつ代わりにあげています。
繊維のせいか、水分をよく含んでいるせいか、便の出もよくなりました。

その後、2ヶ月ごとに血液検査を行っていますが、少し値が下がり、
数値的には安定しています。
しばらくこのフードで様子をみていこうと思います。

我が家の老犬に適している国産品のドッグフード

現在11才になるM、シュナウザーがいます。
輸入品のプレミアムフードや人気フードなど、過去に色々試して
みましたが、高齢になってきたこともありフードには気を使うように
なりました。現在は、「JPスタイルゴールド」を主に食べています。

年齢的な事もあり、小粒で食べやすそうだという事。
フードの匂いも気になりません。
そして1番の選んだ理由は、国産品だということでしょうか。

なかなか好き嫌いがある子ですので、選んでは食べなかった、
というフードも多かったのですが、「JPスタイル」はよく食べています。
年とともに、歯も弱くなってきますし、お腹の調子も微妙に
なってきています。
大型犬ではないので、小粒が食べやすいようです。

M、シュナウザーは牛アレルギーが出やすいようで、以前牛の入った
ものをあげていたら、痒がったり、背中にボツボツが出てきたりと、、
うちの子には合いませんでした。
以来、ラム系や鶏などがメインです。

フードによっては、目やにや髭が茶色になったりというものも
あったのですが、今のフードは大丈夫でした。
ウンチの固さ等も固すぎず、柔らかすぎずでちょうど良いです。

国産品なので輸送のリスクは安心かなと思います。
いずれにしても、1番は本人がよく食べてくれる事です。

犬の健康のためには無添加の質素なものが一番良い

ヒルズ プリスクリプション・ダイエット犬用トリーツ (200g・ドライ)を
利用しています。
飼っているのが小型犬なので、量がちょうどよいことと、
以前ヒルズのドライのドッグフードを利用していたので
そのつながりで与えています。

1回につき1個を半分または3分の1程度に割って与えられ量を
調整できるなどの理由で購入しています。

普段はドッグフード以外には茹で野菜や果物を与えており、
極力ヒト用に調理されたものはあげないようにしているので、
このおやつはひときわ美味しく感じるらしく、毎回楽しみにしている
様子なので、気に入っているのがわかります。

ドライタイプなので保存も楽ですし、うちでは密封容器に移し替えて
いるので、湿気ってしまう心配もなく、安心して与えられます。
値段も高すぎず、ちょうどよいくらいなので、通常はネット通販で
購入しています。

療法食タイプなので、味付けもシンプルでカロリーも抑え目とあって、
犬の年齢を問わず与えられる点もいいと思います。
犬用といっても様々な添加物が入っているものや、装飾に凝ったもの
などもありますが、犬の健康を考えると、やはり質素なタイプが一番いいのではないかと思います。

他のワンちゃんに与えることは稀ですが、中型犬や大型犬でも向いていると思うので、常備しておくとなにかと便利だと思います。

たまに孫が遊びにくるのですが、おやつをあげると喜ぶのを
最近覚えたので、あげすぎてしまうのがちょっとした難点ですが、
滅多に沢山あげることもないので、いいのかなと思っています。